比叡山「つつじヶ丘」に行ってきた

2014年5月のことになるが、比叡山に行ってきた。

叡山電鉄の八瀬比叡山口駅で降り、ケーブルカーに乗る。
ケーブルカーでは山の中腹まで行ける。
ここから山頂までは、歩いて登っていくこともできるし、ロープウェーに乗り換えていくこともできる。

比叡山のケーブルカーの中から

中腹からの景色。

比叡山の中腹から見下ろす京都市内

絵馬とラクガキ

ケーブルカーを降り、駅を出たところで道が二通りあった。
左は、舗装された上りの道路。
右は、森の中を通って行く山道。
(なお、さらに左を見ると、すぐそこにロープウェーの乗り場がある)

手元の iPhone は 4G が消え 3G を示すアイコンが表示されている。
僕は大体、こういうときは直感で楽しそうな方を選ぶ。
そういうわけで、右手の山道に足を向けた。

延暦寺へ繋がる山道

20分くらい歩いて足場の悪い山道を抜けると、今は稼働していないスキー場の、だだっ広いゲレンデに出た。
ここを道なりにまっすぐ行けば、比叡山頂・延暦寺へと行くことができる。

このまま延暦寺へと向かうには、日が傾いてきていたので、たまたま道中で見かけた「つつじヶ丘」という看板が指す方向へ向かった。

つつじは満開

比叡山のつつじは満開

山の斜面は一面つつじの原っぱで、思わずほおっと溜め息をつくような景色。

つつじの見頃は5月で、丁度満開だ。

庚申塚のような塔が真ん中にぽつんと立っていて、平日だからか辺りは僕一人で見守られているような気分だった。
京都市北の、街と山の街並みが、よく見渡せる。

庚申塚

春の比叡山に来た折には、ぜひここにも立ち寄ってみて欲しい。

(Photo by FUJIFILM FinePix F100fd & iPhone5)
 
 

参考

比叡山「つつじヶ丘」へ行こう! ツツジ開花情報 | 京福電気鉄道(2010年)

0 件のコメント :

PAGE TOP