Twitter で呟いていないフォロワーを探そう

僕の Twitter アカウントは2010年生まれで5年経っています。

これだけ長いあいだアカウントを維持していると、フォロワーさんのデッドアカウント率(見かけだけのフォロワーはどれだけ居るのか)が気になってきます。

今まで何度か、フォローとフォロワーの整理をバッサリやってきてはいるのですが、結構面倒なものです。(以前は1000を超えていたフォロワーもかなり減らしたり)

そこでリハビリがてら、最終ツイート日でフォロワーを分類して一覧できるツール「cleanupFollowers」を作ってみました。(短期間で作るには丁度良い題材です)


 
さて、一ヶ月以内に一度でもツイートしているユーザを「活発なひと」として(ちょっと無理があるか)

フォロワーの活動状況チャート

  • 活発なひと
  • 1ヶ月以上(1ヶ月前〜3ヶ月以内に最後のツイート)
  • 3ヶ月以上(3ヶ月前〜半年以内に最後のツイート)
  • 半年以上(半年前〜1年以内に最後のツイート)
  • 1年以上(ツイートは1年以上前)

…以上の5つに分けて見れるようにしました。

うーん。

はい、上記のチャートは、僕のフォロワーの結果です。思っていたよりデッドアカウントは少なかったかも。(半分以上が呟いていない気がしてた)

注意点としては、非公開になっているアカウントは最終ツイート日が取れません。最終ツイートが取れない場合は、「その他」に入っています。一度もツイートしていないアカウントもココですね。

僕のように、ほとんど呟いていなくても情報収集目的として使っていたり、URL のメモは Pocket に投げていたりと(TwitterでFavやRTしないためTwitterのアクティビティに入らない)、一概に最終ツイート日だけでデッドアカウントと決めつけられないのですが、指標にはなるでしょう。

cleanupFollowers スクリーンショット

ひとまず、フォロワーの解除が出来る「ブロック」の操作はできるようにしました。ブロックした人を一覧できるリストを作ってもいいかもしれませんね。

cleanupFollowers はこちら

http://cleanupfollowers.seartwi.com/ja/

  • 上限3000フォロワーまでです。
  • いちおう見れるのは、自分のアカウントだけです。有名アカウントのフォロワーチェックなども出来れば面白いのですが、API数が結構厳しいですね。

SNSは、ときどき繋がりを整理する必要がある

時が経てば、Twitterで出会った人も、人の心も、生活環境も、関係も変わっていきます。
実社会と同じように。

数年前には必要だった繋がりも、今ではもう必要ないかもしれない。そういう繋がりで溢れた SNS を見たいと思うでしょうか。ドライな言葉ですが、そこは関係の墓場のようなもの。

成長したSNSはユーザーに、もう最近からんでない友達外してもらわないとダメになってくわけ。

mixiのオワコン化はSNSの運命。戦略ミスとか関係ねぇ

0 件のコメント :

PAGE TOP